メルマガの配信元アドレスが変更となりました

住友商事、農業関連の配送マッチングで実証実験開始

住友商事、農業関連の配送マッチングで実証実験開始

AIが最適な配送ルート作成、20年度中の試験的稼働目指す

住友商事は10月5日、AI(人工知能)を活用した農業関連の配送マッチングサービス「CLOW」の実証実験を始めたと発表した。

農作物を出荷したい農家と物流事業者の双方の情報をクラウドベースで一括管理。蓄積したデータを基にAIが最適な配送ルートを作成し、農家と物流事業者を組み合わせることを想定している。

実験に際しては、東三温室園芸農業協同組合(愛知県豊川市)が過去の農作物出荷データを提供。CLOWがデータを踏まえて設定した集荷・配送ルートの効率性を、日本通運の協力を得て検証する。住友商事は実験を通じてCLOWのアルゴリズムの精度を確認するとともに、アプリケーションの操作性などについて関係者から意見を聴取。2020年度中にCLOWを試験的に稼働させたい考えだ。

京都府京丹後市でも丹後王国ブルワリー(同市)と連携し、同様の実証実験を展開する計画。

CLOWは住友商事の社内起業制度「0→1チャレンジ2019(ゼロワンチャレンジ2019)」で、新規ビジネスの優れたアイデアとして選出された20代社員発案の案件という。


CLOWの流れ(以下、いずれも住友商事提供・クリックで拡大)


開発中のプロトタイプ/サービス画面例

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事