新型コロナウイルス感染症への対応について

住友倉庫、埼玉・羽生でアーカイブズ第2センターの第3期倉庫が完成

住友倉庫、埼玉・羽生でアーカイブズ第2センターの第3期倉庫が完成

2・1万平方メートル、72時間対応の自家発電など導入

住友倉庫は10月5日、文書や磁気テープ、フィルムといった情報記録媒体を専用に保管する埼玉県羽生市の「羽生アーカイブズ第2センター」で第3期倉庫が完成したと発表した。

鉄筋コンクリート造の地上4階建て、延べ床面積は2万1420平方メートル。免震構造を採用し、72時間対応の非常用自家発電設備や窒素ガス消火設備を導入。最新鋭のセキュリティーシステムも取り入れている。

第1期倉庫は2012年1月に、第2期倉庫は15年7月にそれぞれ稼働しているが、取扱量が年々増えているのに対応するため、第3期倉庫の建設に踏み切った。3棟で総延べ床面積は6万8814平方メートルに達している。


第3期倉庫の外観(左側、住友倉庫プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事