新型コロナウイルス感染症への対応について

ロジザード、クラウドWMSにアマゾン倉庫向け出荷支援の新機能追加

ロジザード、クラウドWMSにアマゾン倉庫向け出荷支援の新機能追加

事前出荷通知を自動送信、納品ラベルも発行

ロジザードは10月28日、クラウドベースの倉庫管理システム(WMS)「ロジザードZERO」に、アマゾンの倉庫向け出荷を支援する新機能を追加したと発表した。

メーカーなどがアマゾンの倉庫へ納品する際に独自の管理システム「ベンダーセントラル」を使用している場合、従来は箱ごとに事前出荷通知(ASNデータ)を手入力で登録、納品ラベル(SSCCラベル)を発行する必要があった。今後は検品・梱包のデータが印字されたSSCCラベルを自動発行し、箱ごとのASNデータをアマゾンに自動送信することが可能。

ロジザードは手入力を省略できるため、業務の負荷軽減につながるとみている。

(藤原秀行)※写真はロジザード提供

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事