メルマガの配信元アドレスが変更となりました

【動画】プロロジスとフクビ化学工業、物流施設・倉庫用樹脂製フォークガードを共同開発

【動画】プロロジスとフクビ化学工業、物流施設・倉庫用樹脂製フォークガードを共同開発

軽量化で金属加工などの負荷解消しコストも抑制、特許出願中

プロロジスは11月25日、建築資材・樹脂製産業資材の製造・販売を手掛けるフクビ化学工業と共同で、物流施設や倉庫、工場の壁などをフォークリフトの車体や爪から守る樹脂製(プラスチック)フォークガードを開発したと発表した。特許も出願している。

既存の製品は鋼鉄製が主流。樹脂製とすることで必要な強度は損なわずに軽量化を果たし、金属加工や現場での塗装の負荷をなくすとともにコストも削減できると見込む。設置に必要な穴開けの加工も、現場で簡単に行えるという。

本製品は今月竣工したプロロジスの物流施設「プロロジスアーバン東京足立1」(東京都足立区)と同日完成した「プロロジスパーク千葉2」(千葉市)で採用済み。併せて、開発中の「プロロジスパーク神戸5」(神戸市)、「プロロジスパーク猪名川1・2」(兵庫県猪名川町)にも導入する予定。


フォークガード(プロロジス提供)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事