メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日立と日立物流、日立キャピタルがドライバーの安全運行管理支援サービスを外販へ

日立と日立物流、日立キャピタルがドライバーの安全運行管理支援サービスを外販へ

車間距離や速度などのデータをAIが分析、トラブル未然防止図る

日立製作所と日立物流、日立キャピタルは12月3日、トラックドライバーの安全運行管理を包括的に支援するサービス「SSCV-Safety(安全運行管理)」の外販に向け連携すると発表した。

2021年4月以降、物流業や製造業、卸売業、小売業、バス、タクシーなど幅広い業界で輸送業務に携わる人を対象に、SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)型で新サービス「SSCV-Safety on Hitachi Digital Solution for Logistics」を提供する。

同サービスは日立物流が自社内で導入しており、外部にも販売して輸配送領域の安全確保をサポートする。

ドライバーの血圧や体温などの生体データと、ドライブレコーダーなどから収集する車間距離や速度などの運転データをAI(人工知能)が分析。運転中のドライバーに警告を発するなどして、トラブルの未然防止を図る。

(藤原秀行)

詳細はコチラから(日立物流ウェブサイト)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事