メルマガの配信元アドレスが変更となりました

NEXCO中日本、スマホでハイウェイラジオの音声情報入手可能なアプリを開発

NEXCO中日本、スマホでハイウェイラジオの音声情報入手可能なアプリを開発

2月1日運用開始、渋滞や事故など操作不要でお知らせ

中日本高速道路(NEXCO中日本)は1月27日、高速道路のハイウェイラジオで提供している交通情報をスマートフォンで入手できるアプリ「みちラジ」を開発したと発表した。2月1日に運用を開始する。

ハイウェイラジオは特定の区間でAMの1620キロヘルツにラジオの周波数を合わせると、渋滞や事故、通行止めなどの情報を聴取できる。アプリは走行中の位置情報を基に、あらかじめ設定したスマホでアプリを起動しておけばプッシュ通知で音声により通知する仕組み。運転中でもスマホを操作せず情報を確認できる。

当初は試行運用として、東名高速道路の東京IC~御殿場JCT、新東名高速道路の海老名南JCT~伊勢原JCT、中央自動車道の高井戸IC~大月JCT、圏央道の海老名南JCT~八王子JCTの計4区間でサービス提供する。


アプリ起動時の画面イメージ(以下、いずれもNEXCO中日本ウェブサイトより引用・クリックで拡大)


提供情報のイメージ

(藤原秀行)

アプリの詳細はコチラから(NEXCO中日本ウェブサイト)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事