メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ENEOSなど、国内初のロボットで複数店舗から宅配実験へ

ENEOSなど、国内初のロボットで複数店舗から宅配実験へ

東京の佃・月島エリア、ZMPの機種活用

ENEOSホールディングス(HD)とZMP、エニキャリは1月28日、東京都中央区の佃・月島エリアでZMPの自動宅配ロボット「DeliRo(デリロ)」を使った複数店舗からの宅配実験を2月8~26日に実施すると発表した。国内で初という。

実験には10社が同エリアに構えている10店舗が参加する予定。東新エナジーが運営しているENEOSのサービスステーション「Dr.Drive月島SS」にデリロを配備し、充電などを行う。

対象のマンション住民が専用サイトを通じて料理を注文すると、待機していたデリロが店舗で積み込んだ後、公道を経てマンション下まで走行。到着と受け取りに必要なQRコードはSMSで通知し、住民がデリロから料理を取り出すとの流れだ。

ENEOSとZMPは昨年12月、デリロを使ったデリバリーのインフラ構築・実用化に向け、協業に関する契約を結んだと発表していた。


SSに停車しているデリロ(左)と公道を走行するデリロ(以下、いずれも3社提供・クリックで拡大)

商品受け取りのイメージ

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事