新型コロナウイルス感染症への対応について

ロジザード、クラウドWMSのベトナム語対応を開始

ロジザード、クラウドWMSのベトナム語対応を開始

6言語で利用可能に

ロジザードは2月21日、クラウドベースの在庫管理システム(WMS)「ロジザードZERO(ゼロ)」で、同20日から新たにベトナム語の対応を始めたと発表した。

従来の「日本語」「簡体字中国語」「繁体字中国語」「英語」「タイ語」と合わせて6言語での利用が可能になった。海外の現地スタッフに加え、日本国内でも外国人による利用が可能になると見込む。

ロジザードZEROは2012年9月に販売を開始。19年12月末時点で1200を超える現場に導入してきた実績を持つ。


ベトナム語に対応した画面(ロジザード提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事