メルマガの配信元アドレスが変更となりました

アシックス、センサー使い倉庫や工場の従業員の労働状況を可視化

アシックス、センサー使い倉庫や工場の従業員の労働状況を可視化

日本ロジテムでシステムの実証実験、実用化目指す

アシックスは1月28日、小型センサーで倉庫や工場の従業員の位置情報などを収集・分析し、労働状況を可視化するシステムを開発したと発表した。

小型センサーは重さ5グラムで、体に装着すれば時間に応じて歩数を記録するほか、建物内に配置した検知器と連動、従業員の位置情報を取得できる。

昨年10月に神戸デジタル・ラボと連携し、鳥取県の山陰アシックス工業の工場内で実証実験を展開。従業員の移動履歴や施設への入退室時刻、滞在時間などを把握することができた。

実用化を目指し、神戸デジタル・ラボと組んで1月中旬に日本ロジテムの物流倉庫で実証実験を新たにスタートした。作業員の作業効率や行動量の定量化・可視化を図り、業務改善のための課題抽出や効果検証などを提供できるサービスを確立したい考え。


システムのイメージ(以下、いずれもアシックスウェブサイトより引用・クリックで拡大)


移動軌跡の結果表示イメージ

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事