メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ヤマトロジスティクスとシスメックス、マイナス70度以下でGDP準拠の超低温帯輸送サービスを開始へ

ヤマトロジスティクスとシスメックス、マイナス70度以下でGDP準拠の超低温帯輸送サービスを開始へ

遺伝子検査用試薬、ドライアイス使用抑制でコスト低減も

ヤマトホールディングス(HD)傘下のヤマトロジスティクスは2月1日、検体検査機器大手のシスメックスと連携し、マイナス70度以下で、医薬品の適正な流通に関する国際基準GDPに準拠した「遺伝子検査用試薬」の超低温帯輸送を2月に混載輸送で開始すると発表した。国内初の取り組みとなる。

両社は今後、さらに低温のマイナス120度の「超低温水」を使い、超低温帯でドライアイスを使わず長時間輸送する実証実験を共同で行う予定。

2020年11月~21年1月、神戸市から川崎市まで超低温、冷凍、低温の3温度帯で輸送する実験を行い、実用性を確認できたという。専用輸送箱を使い、ドライアイスの使用量を抑制できるため、コスト低減にもつながる。


輸送の流れ(ヤマトロジスティクスプレスリリースより引用・クリックで拡大)

(藤原秀行)

詳細はコチラから(ヤマトHDウェブサイト)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事