メルマガの配信元アドレスが変更となりました

トヨタとイオンSCM、物流の人手不足解消や脱炭素化促進で連携へ

トヨタとイオンSCM、物流の人手不足解消や脱炭素化促進で連携へ

トラックの走行データ収集・分析し効率的な輸配送網構築など視野に

トヨタ自動車とイオン子会社で物流事業を手掛けるイオングローバルSCMは4月27日、物流領域の人手不足解消や脱炭素化の促進へ連携すると発表した。

イオングローバルSCMが蓄積してきた小売業の物流ノウハウと、トヨタが備えているTPS(Toyota Production System=トヨタ生産方式)の知見や車のコネクティッド・電動化技術を組み合わせ、サプライチェーン全体を効率化する仕組みの構築や、コネクティッドシステムを生かした運送効率化などを図る。

両社はこの取り組みを、トヨタがいすゞ自動車、日野自動車と公表した、自動車業界で着目されている先端分野「CASE(通信機能を備えた「つながる車」、自動運転、カーシェア、電動化)」への対応を加速させるプロジェクト「Commercial Japan Partnership」としても位置付け、豊かな社会づくりに向けた協業を進めていく方針。

具体的には、トラックの走行データを収集、分析してより効率的な商品輸配送ルートを設計したり、温室効果ガス排出量を削減したりすることを視野に入れている。

(ロジビズ・オンライン編集部)

経営/業界動向カテゴリの最新記事