メルマガの配信元アドレスが変更となりました

経産省など、大阪・関西万博で「空飛ぶクルマ」飛行実現へ作業部会設置を正式決定

経産省など、大阪・関西万博で「空飛ぶクルマ」飛行実現へ作業部会設置を正式決定

官民協議会メンバーの民間企業も参加、運航ルールなど議論

国土交通、経済産業などの関係省庁と民間企業などが参加した「空の移動革命に向けた官民協議会」は5月21日、オンラインで第7回会合を開いた。

垂直の離発着が可能で滑走路が不要な「空飛ぶクルマ」の実用化を後押しするため、2025年に開催予定の日本国際博覧会(大阪・関西万博)会場で飛行できるよう必要な制度設計などを議論する作業部会「大阪・関西万博×空飛ぶクルマ実装タスクフォース」を設置することを決めた。

万博会場と周辺を空飛ぶクルマで結び、来場者を輸送することなどを想定。空飛ぶクルマをアピールできるよう、離発着場の整備や運航ルールの設定といった点について議論する予定。必要に応じて法制度の整備・改正も検討する。

作業部会は経産省と万博を運営する日本国際博覧会協会が事務局を務める。オブザーバーとして大阪府や大阪市も加わる見通し。


SkyDriveが開発を進めている空飛ぶクルマのモデル機(同社提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事