メルマガの配信元アドレスが変更となりました

シャープがドライアイスの代替品「適温蓄冷材」を開発

シャープがドライアイスの代替品「適温蓄冷材」を開発

マイナス22度~28度の特定温度で一定時間維持可能

シャープは5月24日、冷凍輸送時の蓄冷材として活用が可能な融点マイナス22度の「適温蓄冷材」を開発したと発表した。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の開発費助成事業の一環。

現在広く使用されているドライアイスの代替品としての活用をはじめ、今後さまざまな用途での活用が想定される。

ドライアイスは近年、原料となる液化炭酸ガスの不足などにより夏場を中心に品薄となる傾向が続いており、温室効果ガス排出削減への機運の高まりも相まって、冷凍輸送の現場ではドライアイスに代わる蓄冷材が求められている。しかし、冷凍食品向け蓄冷材のほとんどは、使用前にマイナス40度の専用凍結庫内で凍結させる必要があるため、多くの電力エネルギーが消費される。

そこで、同社の社内ベンチャー「TEKION LAB(テキオンラボ)」では、液晶材料の研究で培った技術をベースに、マイナス25℃の環境下で凍り始める融点マイナス22度の「適温蓄冷材」を新たに開発した。

「適温蓄冷材」は水が主成分でありながら、「マイナス24℃~28℃」の間の特定の温度を一定時間保てるのが特長。今回開発した融点-マイナス22度の「適温蓄冷材」は、冷凍食材の保冷に適しているマイナス20度付近の温度で保冷対象物を一定時間保つことが可能。

また、マイナス30℃設定の凍結庫において従来の保冷剤と比較した場合、凍結させるために要する時間を約40%以上短縮できる。凍結に必要なエネルギーを抑えられ、CO2排出量の抑制にも貢献する。

(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事