メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ブルーイノベーションとDoog、移動ロボット活用した法人向けソリューションの共同開発で業務提携

ブルーイノベーションとDoog、移動ロボット活用した法人向けソリューションの共同開発で業務提携

ドローンなどと組み合わせ、物流や点検、警備の自動化・DX化支援目指す

ブルーイノベーションとロボット開発を手掛けるDoog(茨城県つくば市)は6月10日、移動ロボットを活用した法人向けソリューションの共同開発で業務提携したと発表した。

ロボットやドローン、各種センサーなどのデバイスを遠隔・目視外で自動制御・連携させるブルーイノベーションの統合システム「Blue Earth Platform(BEP)」と、Doogが持つ自動走行ロボット「THOUZER(サウザー)」のユニットや技術を組み合わせ、物流や屋内外点検、警備などのオートメーション化、DX(デジタルトランスフォーメーション)化支援などを目指す。

サウザーは既に製造拠点や倉庫、鉄道・空港の整備場、工事現場などで活用が広がっている。ブルーイノベーションのドローンなどと連携させることで、活用できるシーンがさらに広がるとみている。


「THOUZER」(Doog提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事