メルマガの配信元アドレスが変更となりました

スマートロボティクスとACCESS、ドローンポートから玄関先までの配送UGVを開発

スマートロボティクスとACCESS、ドローンポートから玄関先までの配送UGVを開発

「一貫した自動化」の実現目指す

スマートロボティクスとACCESSは6月30日、ドローンの離発着用設備「ドローンポート」から個人宅の玄関先までの荷物輸送が可能な地上配送ロボット(UGV=Unmanned Ground Vehicle)の試作機を共同開発したと発表した。

物流用ドローンによる配送は、一般的にポートを設置できる場所は空が開けたエリアに制限される。このため、ポートから個人宅まで距離があることが多く、この間の配送無人化が課題となっている。

両社は試作機の開発を機に、共同でUGVの研究開発をさらに進め、物流用ドローンの社会実装におけるドローンポートから個人宅の玄関先までの配送課題を解決していく予定。個人宅から配達先まで一貫して自動化できるようにすることを念頭に置いている。

※以下、プレスリリースより引用

共同開発UGV試作機の特徴
・真空パッドによる荷物の吸着機能
・UGVに搭載したカメラ映像を確認しながらの遠隔操作
・最大積載量(サイズ:H 200mm × W 300mm X D 350mm、重量:5kg)
・電源:搭載バッテリー容量 598Wh、公称電圧 25.2V


(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事