メルマガの配信元アドレスが変更となりました

SMITH&LOGISTICS、異なる行き先の荷物と輸送トラックをマッチングする自動配送システム提供開始

SMITH&LOGISTICS、異なる行き先の荷物と輸送トラックをマッチングする自動配送システム提供開始

経験豊富な現場スタッフの思考パターン再現、配車結果の精度ばらつきを抑制

AI・ロボティクスの技術を活用したソリューションを手掛ける東京大発のベンチャー、TRUST SMITHグループのスタートアップ企業SMITH&LOGISTICSは8月15日、自動配車システムの提供を開始したと発表した。

行先が分かれている荷物と輸送トラックをマッチング。在庫量や積載率、出荷日付など様々な観点を考慮して最適な配車計画を立案する。同社は各マスターや統一されていないデータの結合処理も独自のデータウエアハウス(DWH)で解決できると説明している。

経験豊富な現場スタッフの思考パターンを再現、配車結果の精度にばらつきが出るのを抑えている。同社は「幹線・支線・巡回における配車業務を省人化・業務効率化し、ユースケースによっては通常の20分の1の業務量にまで削減することが可能」とみている。

(藤原秀行)※イメージ写真はSMITH&LOGISTICS提供

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事