メルマガの配信元アドレスが変更となりました

大和ハウスや豊田自動織機など、自動フォーク活用し物流施設の荷物積み降ろし自動化へ

大和ハウスや豊田自動織機など、自動フォーク活用し物流施設の荷物積み降ろし自動化へ

花王と日立物流、イオングローバルSCMも参加、実際の物流施設で実験し23年度の普及実現目指す

大和ハウス工業や豊田自動織機、花王、日立物流、イオングローバルSCMの5社が連携し、物流施設の入出荷作業効率化に乗り出すことが分かった。近く正式発表する見通し。

AIを搭載した豊田自動織機製の自動運転フォークリフトを活用、トラックの運行と連動させ、荷物の積み下ろしを自動化することを目指す。

花王とイオングループの物流施設で実証実験を積み重ね、2023年度にはAI搭載自動フォークリフトを活用した作業効率化が普及するようにしたい考えだ。

作業の効率化へ、トラックの運行計画を事業者間で共有し、入出荷のタイミングに合わせてトラックが適当なタイミングで物流施設に到着できるよう支援するシステムの確立も図る。物流現場の人手不足に対応するとともに、作業を効率化して物流領域の温室効果ガス排出削減にもつなげる狙いがある。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事