メルマガの配信元アドレスが変更となりました

オリックス・レンテック、物流施設など向けに「ローカル5G」システム・機器をオールインワンパッケージでレンタル開始

オリックス・レンテック、物流施設など向けに「ローカル5G」システム・機器をオールインワンパッケージでレンタル開始

実証実験を容易に実施できるようサポート、最短3カ月間から対応

オリックスグループで産業用ロボットなどのレンタルを手掛けるオリックス・レンテックは10月5日、地域限定で超高速通信を可能にする「ローカル5G」の環境構築に必要な「ローカル5G実証実験パッケージ」のレンタルサービスを、工場や物流施設など向けに開始すると発表した。

APRESIA Systems社製「ApresiaAEROシリーズ」をはじめとしたローカル5Gの利用に必要なシステムと関連機器を一括して貸し出す。最短3カ月から利用可能で、月額料金は300万円。

ローカル5Gは作業現場のロボット運用、センサーによる自動制御・稼働監視、建設機械の遠隔制御、僻地・離島向け遠隔診療など、さまざまな分野で実証実験が行われており、今後も実用化に向けシステムや機器の需要が見込まれる。ローカル5Gネットワークを活用した国内のサービス市場規模は、年率70%以上のペースで拡大しており、2025年には352億円に達するとの予測結果もある。

一方で、実証実験の実施に当たっては、電波法上の無線局の免許申請や機器の選定など一定のノウハウと大きな初期投資が必要となるため、パッケージで必要な機器を「全てまとめて」「必要な期間だけ」提供、免許申請業務もサポートすることで、ローカル5Gの利用を迅速に開始できるよう後追いする。初期投資を抑えた最適・効果的な実証実験の実施に貢献したい考え。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事