ファミリーマート、来年1月からEVトラック配送の実証実験

ファミリーマート、来年1月からEVトラック配送の実証実験

東京と埼玉、茨城の店舗向け1日3便運行へ

 ファミリーマートは12月17日、EV(電気自動車)トラックによる配送の実用化を目指し、2019年1月から2年間の予定で実証実験を行うと発表した。埼玉県三郷市の「三郷中央定温センター」に車両を配備し、東京と埼玉、茨城の店舗に1日3便商品を届け、課題を探る。

 実証実験に投入するのは、いすゞ自動車製の「エルフ」をベースとした2温度帯対応が可能なEVトラック。当初は1台で運用し、稼働状況を見ながら19年の下半期までに1台を追加する予定。併せて、急速充電器も配備する。

 コンビニ大手ではセブン-イレブン・ジャパンが既に三菱ふそうトラック・バスのEVトラックを採用している。


実験に投入するEVトラックのイメージ(ファミリーマート提供)
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事