メルマガの配信元アドレスが変更となりました

リコーISと豊田自動織機、フォークリフト用の立体視カメラ開発

リコーISと豊田自動織機、フォークリフト用の立体視カメラ開発

障害物の中から人や物を見極め

リコーグループで光学機械を手掛けるリコーインダストリアルソリューションズ(IS)は10月7日、産業車両業界向けに、フォークリフト用ステレオカメラを豊田自動織機と共同開発したと発表した。

リフト用ステレオカメラを搭載した「SEnS」は、検知エリア内の障害物の中から人を見分けて、ブザーとランプでオペレーターに接近を知らせる安全運転支援システムとして、5月から豊田自動織機が全国40社の「トヨタL&F」取扱店を通じて販売している。8月には新たに車両と連動し、走行速度や発進を制御する機能が加わり、後方作業者検知運転支援システム「SEnS+(センスプラス)」が発売となった。

同製品は、広角化技術により水平角130度と広範囲の検知を実現。さらに3次元をベースとした認識技術により、従来のような作業者にタグを携帯させて検知する方式とは異なり、不特定多数の人に対してタグ携帯なしで検知できるようにしている。

厳しい使用環境にあるフォークリフトの現場においても動作可能な高い耐環境性能「IP67」を有している。さらに、画像処理・電源機能をカメラ内に実装することで小型化、ワンパッケージ化を実現し、取り付けや運用も容易になり、現場で稼働している既販のフォークリフトへの装着も可能。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事