メルマガの配信元アドレスが変更となりました

TRUST SMITH、配送ルート最適化のアルゴリズム開発

TRUST SMITH、配送ルート最適化のアルゴリズム開発

業務完了時間を50%短縮

AI・ロボティクスの技術を活用したソリューションを手掛ける東京大発のベンチャー、TRUST SMITHは10月13日、配送ルートの最適化に関するアルゴリズムを開発したと発表した。

多数の店舗を抱える飲食チェーンなど向けに、複数のトラック・発着点に対して最適化を行うことが可能。ユーザーが求める移動距離や配送時刻、配送量、配送料金などの条件を踏まえ、配送ルートを考案できるようにしている。

複数の拠点を距離が近い順に配送する場合と、独自の最適化アルゴリズムで「商品を届ける時間が最小となる」最適化を行った場合を比較すると、後者の方が業務の完了時間を50%短縮できたという。

同社は独自の最適化アルゴリズムを用いることで、「より多くの注文を」「より少人数で」配送することが可能になるとみている。今後は開発済みの工場・倉庫自動化のソリューションと組み合わせ、製造・物流の工場・倉庫内外の効率化を達成できるようにすることを目指す。

(藤原秀行)※イメージ写真はTRUST SMITH提供

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事