画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

テラドローン、ベルギー子会社が米で運航管理の特許を取得

テラドローン、ベルギー子会社が米で運航管理の特許を取得

航空管制ない低空域対象、無人飛行の安全性確保目指す

Terra Drone(テラドローン)は1月5日、ベルギーのグループ企業で、ドローンの運航管理・航空管制を行うUTMを開発しているユニフライが、米国で低空域でドローンを安全に運航するためのフレームワークに関する特許を取得したと発表した。

今回取得した特許は現在、航空管制されていない低い空域でのドローン運航の安全を確保するため、多様なプラットフォームからドローンの情報を取得しながら衝突しないよう、有人航空管制ともやりとりするのが柱。

ユニフライはベルギーの研究機関出身者を中心に2015年発足した。ドローンの運航管理システム「UTM」を開発。欧米5カ国で導入実績があり、これまでにも各国でドローンの商用化や市場拡大を目的としたプロジェクトに参画してきた。Terra Droneは16年11月、ユニフライに5億円を出資した。

今後は2022年に予定されている日本国内のドローン規制緩和を見据え、ユニフライの豊富な実績とノウハウを活かしながら、安全で効率的な無人運航を実現する運航管理の検証を進める。

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事