メルマガの配信元アドレスが変更となりました

佐川グローバルロジ、大阪・堺の物流拠点にラピュタのピッキング支援AMRを投入

佐川グローバルロジ、大阪・堺の物流拠点にラピュタのピッキング支援AMRを投入

千葉・柏に続き2カ所目、商品に合うサイズの段ボール箱を自動選定

ラピュタロボティクスは10月14日、今年8月30日から同社のピッキング支援用AMR(自律移動ロボット)を試験的に導入していた佐川グローバルロジスティクス(SGL)の「堺SRC倉庫」(大阪府堺市)で、同日から本格的にAMRの稼働を始めたと発表した。

ラピュタとしては初めて関東地区以外でAMRを提供することになる。今後は全国への展開を目指す。

ラピュタは物流倉庫自動化に向け、2018年10月に実証実験をスタート。20年7月に商用化を開始した。SGLとの実証実験では「柏SRC」(千葉県柏市)にラピュタのAMR11台をテストとして提供。21年3月にはAMR活用前後の比較で、スタッフ1人・1時間当たりのピッキング数が2・5倍に増えるなど生産性向上を確認できたため、堺SRCにも導入することを決めた。

堺SRCの倉庫では、ラピュタのAMRがまず商品に合うサイズの段ボール箱を自動選定し、液晶画面に表示。その段ボール箱を作業者が搭載すればピッキング作業が始まる。

AMRはピッキングが必要な商品棚の前まで移動。スタッフは直接商品を段ボール箱に投入する。作業者の歩行距離を大幅に減らせる上、梱包作業も省力化できると見込む。


※いずれもラピュタロボティクス提供

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事