メルマガの配信元アドレスが変更となりました

JAL、「空飛ぶクルマ」最大100機導入へ

JAL、「空飛ぶクルマ」最大100機導入へ

アイルランドの航空機リース会社通じ、英製eVTOLを調達

航空機リースを手掛けるアイルランドのアヴォロンは10月20日、日本航空(JAL)と、長い滑走路を使わず離発着が可能な「空飛ぶクルマ」の導入に関して提携したと発表した。

JALはアヴォロンを通じ、英ヴァーティカルエアロスペースが開発を進めているeVTOL(電動垂直離着陸機)「VA-X4」を50機、購入かリースで導入する権利を持つ。さらに追加で50機を調達できるオプションも設定している。アヴォロンとJALが連携して日本国内の市場調査などを進める。

VA-X4は2024年にEASA(欧州航空安全庁)から飛行の承認を得ることを目指している。パイロット1人と乗客4人が搭乗可能。日本政府は25年開催の大阪・関西万博で空飛ぶクルマを世界にアピールする準備を進めており、JALも早期の実用化を目指す。

丸紅も今年9月、ヴァーティカルエアロスペースと業務提携を締結したことを発表した。


ヴァーティカルエアロスペース製eVTOLの飛行イメージ(丸紅プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事