メルマガの配信元アドレスが変更となりました

オートバックスと商用EVのHWエレクトロが資本提携、店舗を販売・メンテナンス拠点に

オートバックスと商用EVのHWエレクトロが資本提携、店舗を販売・メンテナンス拠点に

普及促進狙う

商用EV(電気自動車)の製造・販売を手掛けるスタートアップ企業のHW ELECTRO(エレクトロ、東京都江東区青海)は10月28日、自動車用品大手のオートバックスセブンと資本提携契約を締結したと発表した。具体的な出資額などは開示していない。

HWエレクトロは中国製の多用途小型商用EV「METRO(メトロ)」を日本向けに改修した「ELEMO(エレモ)」を製造、販売している。

両社はEV普及の推進による環境負荷低減へ全国のオートバックス店舗をエレモの販売・メンテナンス拠点として活用し、関連商品・サービスの販売や、新規サービスの共同開発で連携・協業を検討する予定。

エレモはインターネットを介した運用管理やスマートフォンアプリとの連携機能などを備えており、「センターオフィスでの運行管理(運送ルートの最適化、効率化など)」や「荷室の温度管理」を開発している。

シャシーは部品のモジュール化を徹底したことで、製造工程の効率化と高い耐久性を実現。オーストリアの著名な自動車メーカー、マグナ・シュタイアのエンジニアが設計したハイスペックなサスペンションシステムを実装し、ユーザーの業態に合わせた荷室(フラットベッド、ピックアップ、ボックス)などを採用、多様なニーズに対応する。

HWエレクトロはオートバックスセブンとの資本提携を通じ、エレモのメンテナンス面でサポートを得て、EV商用車利用の拡大につなげていきたい考え。

※以下、プレスリリースより引用(一部、編集部で修正)

オートバックスセブン 代表取締役 社長執行役員 小林喜夫巳氏コメント
当社は、2050年のカーボンニュートラル、脱炭素社会の実現に向け、活性化しているEV市場へ早期に参入し、EVの販売・メンテナンスのノウハウを得ることよってEV市場における競争力を高めていくことを検討していました。
また、オートバックス店舗をEVの販売・メンテナンス拠点とすることで、新規顧客の獲得や関連商品・サービスの付帯販売による収益機会の創出も期待しています。

HWエレクトロ 代表取締役社長 蕭偉城氏
この度は株式会社オートバックスセブン様が当社の企業理念に賛同頂き、資本提携が出来たことに心から感謝申し上げます。今回の資本提携により、今後ELEMOのメンテナンス拠点が全国レベルに展開できることは当社にとって大変心強いことと考えています。これを機に引き続き新たな小型EV商用車の開発による物流市場への貢献とカーボンニュートラルな環境実現に向け、あらゆる努力を続けて参ります。


(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事