メルマガの配信元アドレスが変更となりました

JR東やKDDI、JALなどが東京都内で初のドローン使った料理配送実験へ

JR東やKDDI、JALなどが東京都内で初のドローン使った料理配送実験へ

「レベル4」解禁備え実用化準備、自律飛行

JR東日本とKDDI、ウェザーニューズ、Terra Drone(テラドローン)、日本航空(JAL)は11月11日、東京都港区海岸の商業施設「ウォーターズ竹芝」などで、都内では初となるドローンを使った料理の配送実験を同20日に実施すると発表した。

都の事業の一環として実施。政府が2022年度に都市部上空での補助者を置かないドローンの目視外飛行(レベル4)を解禁する方向で準備を進めているのを踏まえ、実用化に向けた準備を進めるのが狙い。

実験はウォーターズ竹芝のシアター棟4階テラスから同施設内広場までと、ウォーターズ竹芝テラスから約700メートル離れた「浜離宮」の水上バス発着場までの2通りのルートを設定。ドローンが自律飛行で運ぶ予定。

料理を温かいまま迅速に運べるかなどを確認する。ウォーターズ竹芝内の輸送については、インターネットで予約したメニューをドローンが運ぶ流れにする。

実験にはドローン開発のACSL、商業施設運営のアトレ、日本ホテルなども協力する。ドローンはACSL開発の機体を投入する。


ドローンのイメージ(各社プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事