メルマガの配信元アドレスが変更となりました

YE DIGITAL、物流倉庫の自動化促進に特化したシステムの提供を開始

YE DIGITAL、物流倉庫の自動化促進に特化したシステムの提供を開始

業務変化へスピーディーに対応可能

YE DIGITAL(旧安川情報システム)は11月25日、物流倉庫の自動化促進に特化したWES(Warehouse Execution System=倉庫運用管理システム)「MMLogiStation」の提供を同日開始したと発表した。

WESは従来のWMS(倉庫管理システム)と自動化設備の制御を行うWCS(倉庫制御システム)の中間に位置し、物流現場の自動化設備連携・作業管理に特化しているのが特徴。

従来WMSが行っていた自動化設備連携・作業管理をWESに分離することで、各システムの役割がシンプルになり、自動化設備の導入や作業手順の変更など業務の変化へスピーディーに対応することが可能になると見込まれる。

MMLogiStationは自動化設備を迅速に導入できるようにするとともに、人や機器といった倉庫内のオペレーション全体の最適化を実現するWES。メーカーとの協業により、主要な自動化設備を制御するWCSとのインタフェースを「プラグイン」として標準搭載することで、設備導入時には素早く追加を行えるようになる。リリース時点で下記メーカーの自動化設備の販売を含めて取り扱っている。


ZMP CarriRoシリーズ


匠 TiTraシリーズ


MMLogiStation システム構成

同社は協業パートナーを広く募り、メーカーを問わずにMMLogiStationとシームレスに連携可能な自動化設備も含めて販売を行っていく方針。また、工場や倉庫の作業の流れなどを仮想空間で再現する技術「デジタルツイン」を活用したシミュレーション機能を強化し、導入診断サービスなどの提供も検討する。

(画像はYE DIGITAL提供)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事