画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

JR東のスタートアップ支援プログラム、線路上の支障物検知技術提唱したメトロウェザーが大賞獲得

JR東のスタートアップ支援プログラム、線路上の支障物検知技術提唱したメトロウェザーが大賞獲得

優秀賞はペーパーレス提案のカミナシと駅起点配送を考案の207に

JR東日本とJR東日本スタートアップは12月8日、ベンチャー企業と協業して新たなサービスを実現する「JR東日本スタートアッププログラム2021」のDEMO DAY(発表会)をオンラインで開催した。

総合グランプリ「スタートアップ大賞」は線路上の支障物を確実に検知できる技術を提唱したメトロウェザーが獲得した。

「優秀賞」は車両メンテナンス業務のペーパーレスを提案したカミナシ、駅を起点とした配送を考案した207の2社が、「審査員特別賞」は鉄道好きが集まる場を考え出したミーチュー、独自の地産地消モデルを発案したARKの2社がそれぞれ受賞した。

メトロウェザーの東邦昭取締役は「将来はこの技術をさらに発展させ、車両の自動運転や線区全域の風況観測、ホーム転落検知システムなどへの応用も見据えている。鉄道の安心・安全に貢献したい」と語った。

JR東日本スタートアッププログラムは2017年度に開始した。5回目の今年は13社が参加した。今後、順次テストマーケティングを展開、実用化を目指す。

【各賞の受賞事業者】
▼スタートアップ大賞

メトロウェザー
「小型・高性能ドップラーライダーによる支障物検知」
独自の信号処理技術による小型・高性能ドップラーライダーを活用して、線路内の支障物検知を行う。線路内作業の安全性向上と、将来的な自動運転等鉄道現場への導入を目指す。

▼優秀賞
カミナシ
「身の丈DXによる車両メンテナンス3.0の実現」

207
「駅を物流拠点としたラストワンマイル配送ビジネスの実現」

▼審査員特別賞
ミーチュー
「ファンコミュニティプラットフォームを活用した鉄道ファンコミュニティの形成」

ARK
「小型閉鎖循環式陸上養殖による安心安全な究極の地産地消モデルの構築」


プログラムのマーク


スタートアップ大賞を受賞したメトロウェザーの実証実験の概要

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事