画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

大日本印刷、スマホと検知器接続しリモートでアルコール検査実施するアプリを来春発売へ

大日本印刷、スマホと検知器接続しリモートでアルコール検査実施するアプリを来春発売へ

「白ナンバー」規制強化に対応、点呼を場所問わず可能

大日本印刷は12月13日、グループ会社で各種IDカード用の機器などを販売するDNPアイディーシステム(IDS)が、ネクストリンク製のアルコール検知器をスマートフォンに接続して、アルコール検査などの運転前後の確認業務(点呼)をリモートで行う「安全運転管理アプリケーションmamoru」を開発、2022年春に販売を開始すると発表した。

飲酒運転の取り締まりを強化するため、2022年4月に道路交通法施行規則が改正され、自家用車と同じ白地のナンバープレートの車両を保有する事業者(白ナンバー事業者)も、目視でアルコールチェック(飲酒検知)を行うことが義務化される予定。さらに22年10月には、アルコール検知器を使用した確認が必要となるのを踏まえ、DNPとIDSはアプリ開発に踏み切った。

コンプライアンス(法令順守)の一層の徹底が求められる中、企業にとってはアプリを利用することで社員の無免許運転(不携帯・有効期限切れ)や飲酒運転を未然に防止し、企業の社会的信用と運転者の安全の両方を守ることが可能なのがメリット。

確認結果はメールで管理者に送付されるため、一元管理を行うことが可能。アルコールチェックでアルコールが検知された際には直ちに管理者に通知される。

DNPとIDSは、営業・配送・保守などで車を利用している企業(白ナンバー事業者を含む)に幅広くアプリを販売し、2025年度までに累計8億円の売り上げを目指す。

安全運転管理アプリケーションmamoruの主な特徴は次の通り。

※以下、プレスリリースより引用(一部、編集部で修正)

  • 運転前後の確認業務(点呼)をいつでも、どこでも行え、管理者の手間・負担を軽減。
  • 運転免許証チェック : 運転免許証の不携帯や有効期限切れのチェックを行うことができる。
  • アルコールチェック : 電気化学式センサーを採用したネクストリンク社製アルコール検知器とスマートフォンをBluetoothで接続。一般的な半導体式ガスセンサー式では、食事・タバコ・歯磨き粉など、アルコール以外のガスでも反応(誤検知)する場合があるが、電気化学式を採用することでアルコール以外にはほぼ反応せず、より高精度な計測が可能。
  • なりすまし防止 : アルコール測定中の顔写真を撮影することにより、本人確認を行う。
  • 体温チェック : アルコール検知器には、業界初(メーカー調査)となる非接触式検温機能が付いており、健康状況のチェックも行うことができる。
  • その他確認項目 : 利用企業が独自で設定した質問項目に「○」「×」で回答できる。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事