画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

世界初、バイオマス燃料輸送に電気推進船を導入

世界初、バイオマス燃料輸送に電気推進船を導入

上組と関電、e5ラボが連携、23年5月の運航開始目指す

上組、関西電力、電動船開発を目指すe5ラボは12月14日、相生バイオマス発電所(兵庫県相生市)への燃料輸送に電気推進船を1隻導入すると発表した。

相生バイオマス発電所は関西電力のグループ会社、相生バイオエナジーが2023年1月の運転開始を目指し、燃料を重油・原油から木質バイオマスへ転換する工事を進めている。

今回の電気推進船導入はサプライチェーン全体におけるゼロカーボン(温室効果ガスの排出実質ゼロ)化に向けた取り組みの一環。電気推進船は小型発電機と大容量蓄電池を備え、従来のディーゼル船より運行時のCO2排出量を最大50%削減できると見込んでいる。

運航開始は23年5月を予定しており、神戸港から当該発電所までを航行する。バイオマス燃料を輸送する貨物船として電気推進船を導入するのは世界初となる。


電気推進船のイメージ(プレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事