画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

CSPセントラル警備保障グループのグラスフィア ジャパン、新たなナンバープレート認識カメラを22年1月発売へ

CSPセントラル警備保障グループのグラスフィア ジャパン、新たなナンバープレート認識カメラを22年1月発売へ

AIが読み取り、倉庫の出入り車両データ管理も可能

警備会社大手CSPセントラル警備保障グループで監視カメラシステムや通信ネットワーク機器などを手掛けるグラスフィア ジャパン(東京都中央区日本橋人形町)は12月22日、新たなナンバープレート認識カメラを2022年1月20日に発売すると発表した。受注生産で、ダイワボウ情報システムなどが代理店を務める。

カメラ映像内の一定位置(トリガーライン)を通過した車両のナンバープレートを、AIディープラーニングで読み取り・解析し、地名・車両番号などを特定する。認識したデータはエクセルファイルで出力することが可能。

グラスフィア ジャパンが独自に開発したアプリケーションに取り込めば地名ごとのデータ、日・週ごとの交通量データをグラフ化することもできる。

同社は物流倉庫などの出入り口に設置し、出入りする車両をナンバープレートのデータで管理することで、コスト削減や事故のリスクマネジメント、セキュリティの向上に活用できるとみている。


(いずれもグラスフィア ジャパン提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事