画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

NEC、専用通路やエリア不要で搬送ロボット作業効率2倍の制御技術開発

NEC、専用通路やエリア不要で搬送ロボット作業効率2倍の制御技術開発

23年度の実用化目指す

NECは1月27日、ロボットによる倉庫内の搬送作業を、高い安全性を維持しながら従来比で効率を2倍向上させる制御技術を開発したと発表した。

制御技術を駆使するとロボット専用エリアなどが不要になるため、既存倉庫への導入が容易になると見込む。NECは今後、現場での実証実験を通じてさらなる技術開発を進め、協調搬送ロボットへの早期搭載を目指す。2023年度に実用化したい考えだ。

これまでは、搬送作業の自動化のためにロボットを導入しても、安全性確保のために走行速度を抑える必要があり、必ずしも想定しただけの生産性向上につながっていなかった。一方、走行を高速化するには危険を排除するため、搬送ロボット専用の通路やエリアを整備する必要があり、既存倉庫への導入は困難だった。

NEDはセンサーの測定誤差やシミュレーション結果と実際のロボットの動きの差など、ロボット制御における不確かな要素を表現できるモデルと、数理ファイナンスの手法を活用して、安全性リスクに応じてロボットを制御するリスクセンシティブ確率制御技術を開発した。

作業者や床上の物品などの障害物がなくリスクが低い場所では最短距離を高速走行し、リスクが高い場所では確実に回避できる経路を低速走行するなど、ロボットが周辺状況を自律的に確認、判断し実行。同技術を適用したロボットと従来のロボットで搬送作業を比較したところ、作業時間が半分となり、安全性を確保しながら搬送効率を2倍向上できることを確認した。

同技術と協調搬送ロボットは、2月1~2日に東京・有明の東京ビッグサイトで開催される「ロジスティクスソリューションフェア2022」に出展する予定。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事