画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

IDATEN Ventures、荷主と大手フォワーダーのマッチングサービス「LOGI-CONEX」運営する3CF&Co.に出資

IDATEN Ventures、荷主と大手フォワーダーのマッチングサービス「LOGI-CONEX」運営する3CF&Co.に出資

国内初、複数の候補企業を紹介可能

製造業や物流業向けの新技術を手掛けるスタートアップ企業を支援するベンチャーキャピタルファンドのIDATEN Ventures(イダテンベンチャーズ)は2月17日、荷主企業と大手フォワーダーをマッチングするサービス「LOGI-CONEX(ロジコネックス)」を運営する3CF&Co.(スリーシーエフアンドシーオー、東京都世田谷区池尻)に出資したと発表した。具体的な出資額は開示していない。

LOGI-CONEXは新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴う国際物流の混乱で船舶や航空機の輸送スペースを押さえにくくなっている現状を改善するため稼働。LOGI-CONEXにはジャパントラストや三菱倉庫など大手も参加している。

荷主企業とフォワーダーを結び付けるプラットフォームのサービスは既に存在しているが、荷主企業と複数の大手フォワーダーをマッチングするのは国内唯一という。荷主企業はLOGI-CONEXを活用すれば取引のアカウントがない大手フォワーダー経由で船会社をスピーディーに確保、事業機会損失の回避につながる上、適切な見積もり比較を通じた物流コストの削減も可能にしている。

大手フォワーダーにとってもLOGI-CONEXを通じた業務の標準化や荷量集約によるコスト削減に加え、新たな荷主企業との接点拡大につながることが期待される。IDATEN Venturesはこうした利点を踏まえ、物流業界を変革できる可能性があると評価、投資に踏み切った。

3CF&Co.は日商岩井(現双日)や国土交通省で貿易関連事業に携わってきた榮喜健介氏らが2019年に創業した。


LOGI-CONEXの画面イメージ(いずれもIDATEN Ventures提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事