画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

廃棄物回収効率化支援のファンファーレ、排出場から未返却のコンテナ数を自動計測する管理機能リリース

廃棄物回収効率化支援のファンファーレ、排出場から未返却のコンテナ数を自動計測する管理機能リリース

AI配車サービス、ドライバーの書類記入が不要に

廃棄物回収効率化支援を手掛けるスタートアップ企業のファンファーレは4月4日、産業廃棄物業界に特化したAI配車サービス「配車頭(ハイシャガシラ)」の新機能として、排出事業場から未返却のコンテナやドラム缶などの荷姿の数を自動計測する「未返却の荷姿管理」をリリースしたと発表した。配車頭のユーザーは無料で利用可能。

コンテナなどの膨大な数の廃棄物を入れる容器(荷姿)を保有する産廃事業者にとって、排出事業場に設置した全ての荷姿の種別や数を把握するのは困難だった。知らないうちに自社の未回収コンテナの不法投棄が行われていた場合、企業のレピュテーションリスクにつながる恐れがあり、問題を解決するためには荷姿の1個1個にGPSを設置するなど、多額の設備投資とメンテナンス費用が必要だった。

費用や手間をかけずに未返却の荷姿管理を可能にしたいとのニーズが寄せられているのに対応、新機種の開発にこぎ着けた。

新機能では、配車の実績を基に、排出事業場の荷姿数を自動で計算。ドライバーの書類記入、事務員の転記業務が不要になる。また、急なキャンセルで空き時間が出た際、最近回収に行っていない排出事業場を簡単に探して案件の空きを埋められるのもメリット。さらに、荷姿が排出事業場に放置されたまま気づかないうちに紛失扱いになってしまうことを防止できる。


(いずれもファンファーレ提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事