画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

三井不動産が新たに国内5カ所で物流施設開発を公表、タイで2期目も★速報

三井不動産が新たに国内5カ所で物流施設開発を公表、タイで2期目も★速報

宮城で初、トータル53物件に

三井不動産は4月21日、物流施設の開発・運営を手掛けるロジスティクス事業の経営方針を発表した。

新たに国内で新規5物件、海外で1物件の開発を決定。同事業として開発・運営する施設は竣工稼働施設が国内36物件・海外1物件で延べ床面積が約310万平方メートル、開発中施設の国内15物件・海外1物件を合わせると計53物件、総延べ床面積は約420万平方メートルに達する見通し。

同社が2012年4月にロジスティクス事業を開始してからの累計総投資額は約7000億円に達する見込み。今後はデータセンターや冷凍・冷蔵倉庫、都市部に設置するアーバン型倉庫にも積極的に乗り出してく構えだ。

新たに公表した案件は以下の通り。
① 「三井不動産ロジスティクスパーク三郷(MFLP 三郷)」(埼玉県三郷市) 2025年11月竣工予定
② 「(仮称)大阪プロジェクト」 ※詳細は今後発表予定
③ 「三井不動産ロジスティクスパーク名古屋岩倉(MFLP名古屋岩倉)」 (愛知県岩倉市) 2024年7月竣工予定
④ 「三井不動産ロジスティクスパーク一宮(MFLP一宮)」 (愛知県一宮市) 2025年6月竣工予定
⑤ 「三井不動産ロジスティクスパーク仙台名取Ⅰ(MFLP仙台名取Ⅰ)」 (宮城県名取市) 2024年4月竣工予定
⑥ 「Bangna2 Logistics park2期」(タイ・チェチェン県バンパコン) 2022年夏以降着工予定

(藤原秀行)※写真などは三井不動産提供

物流施設/不動産カテゴリの最新記事