新型コロナウイルス感染症への対応について

日陸、千葉市で県内3カ所目の危険物や毒劇物など扱う物流拠点が完成

日陸、千葉市で県内3カ所目の危険物や毒劇物など扱う物流拠点が完成

検品やラベル貼り付け、仕分けなど流通・加工メーン、医薬品や化粧品取り込み図る

日陸は6月12日、千葉市緑区で千葉県内3カ所目となる物流拠点「土気流通センター」が完成したと発表した。

敷地面積は4万8828平方メートルで、2棟で構成。一般品と消防法危険物の第4類、第5類、毒劇物をそれぞれ取り扱う。医薬品の検品やラベル貼り付け、仕分け作業などの流通・加工がメーンとなる。

自動ラックや水平搬送機、温度管理室などを備え、屋内の貨物取扱スペースは全て1~30度の範囲内で作業が可能。医薬品の流通に関する国際的なガイドライン「GDP」にも準拠している。需要増が見込まれる医薬品や化粧品などの高付加価値品、少量多頻度貨物を軸に取扱量を増やしていきたい考えだ。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事