画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

センシンロボティクス、米Skydio日本法人とドローン活用で業務提携

センシンロボティクス、米Skydio日本法人とドローン活用で業務提携

インフラ点検などへの投入を促進

センシンロボティクスは4月27日、米国の自律飛行型ドローンメーカーSkydio(スカイディオ)の日本法人と、ソリューションパートナーとして業務提携を開始したと発表した。併せて、正規販売代理店契約を締結した。

業務提携により、エンドユーザーの業務課題に対してSkydio製ドローンの優れた特徴を活用したソリューションやアフターサポートを提供できるようになると見込む。

既に顧客向けのデモンストレーションや、神奈川県のENEOSカワサキラボでの実プラント設備に向けた様々なトライアルを実施するなど、具体的なドローンの用途開発に乗り出している。


Skydio機で取得したデータを基に作成した3Dモデル図

Skydio製ドローンはAIとセンサーのVisual SLAM(VSLAM)を活用し、ドローン自身でルートを決定して安全に自律飛行できるのが特徴。対象物に接近した飛行や近接撮影・衝突回避および自律飛行機能、非GPS/磁界環境での安定した飛行制御などが可能。インフラ点検などへの投入が期待される。


Skydio 2+機体画像


Skydio X2機体画像(いずれもセンシンロボティクス提供)

Skydioの持つ安全に自律飛行する機体と、センシンロボティクスが強みとするソリューション構築・社会実装力を組み合わせ、ドローンの自律飛行や、飛行中・飛行後のフライトログ管理、カメラなどセンサーデータ管理の一元管理が可能。インフラ点検、現場管理、防災・災害対応など幅広い分野で、より安全かつ高効率な完全自動化ドローンソリューションを提供できると見込む。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事