画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ヤマハ発動機、最大積載50kgの自動運搬専用無人ヘリコプターを開発

ヤマハ発動機、最大積載50kgの自動運搬専用無人ヘリコプターを開発

山間部の資材や目視外・長距離などの物流に活用見込む

ヤマハ発動機は8月22日、業用無人ヘリコプターによる搬送・配送ニーズのさらなる拡大に対応するため、自動航行型の産業用無人ヘリコプター「FAZER R G2」をベースに、運搬に関わる機能・性能を強化した運搬専用機を開発したと発表した。

メインローター(回転翼)の大径化など各部の設計・仕様変更により、有効積載量(ペイロード)最大50キログラムを実現。同社の従来モデル比で15キログラムg向上している。山間部における資材物流や目視外の長距離物流など、幅広い産業の課題解決に貢献できると見込む。

産業用無人ヘリコプターを用いたソリューションは、送電線をはじめとするインフラの点検や、測量・観測、撮影、警備など幅広い産業のシーンに広がっている。特に近年、物流課題のソリューションとして期待が高まっている。

同社は電力会社からの委託により、既に送電線関連資材の搬送などを実用化しているほか、航空会社との協働による離島からの産品搬送、さらに宅配会社との協働による中山間部への荷物配送など、社会実装に向けた各種の取り組みを進めている。


「FAZER R G2」による航空搬送の様子※写真の機体は従来モデル


「FAZER R G2」運搬専用機

9月1~2日の2日間、神戸市の神戸国際展示場で開催される「第1回ドローンサミット」(主催:内閣官房小型無人機等対策室、兵庫県)に、「ヤマハ発動機が進めるスカイビジネスの挑戦 ~空から物流を変える~」をテーマに出展、「FAZER R G2」の運搬専用機などを展示する予定。

「FAZER R G2」 運搬専用機の主な特長

新型「FAZER R G2」では、新設計の大型メインローターの採用により推力を大幅に向上。半径1.8メートル(従来モデル1.56メートル)のローターに、冷却性に優れた形状変更を加え、同じ出力でペイロード10キログラム向上相当の推力を発揮。また、燃料タンク容量の最適化、軽量カメラやリチウムイオンバッテリーの採用などの工夫も凝らし、従来機から15キログラム増のペイロード最大50キログラムを実現した。

従来機では1トンの資材を運ぶために最低29回のフライトを要したが、新型機では最低20回のフライトで業務を完了することが可能となるため、工期やコスト、労力の低減などに貢献できるとみている。

■主要使用諸元

(いずれもプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事