国際航空貨物輸送のデジタル化目指す

国際航空貨物輸送のデジタル化目指す

ShippioとANAグループが共同で実証実験へ

 輸出入業務の効率化を支援するスタートアップ企業のShippio(東京)とANAホールディングス傘下のANA Cargo(同)、OCS(同)の両社は2月6日、国際航空貨物輸送業務のデジタル化に関する実証実験を共同で行うことで合意したと発表した。2018年度中の開始を予定している。

 Shippioが展開している輸出入業務支援サービスのサイト「Shippio」で新たに航空貨物も取り扱い、荷主企業が貨物輸送を最適なルートで最適な業者に依頼・発注できるかどうかや、見積もり結果を迅速に得られるかどうか、貨物の現在地をリアルタイムで追跡できるかどうかといったポイントを検証する。


「Shippio」の画面イメージ(同社提供)


3社の連携イメージ(Shippioなど提供)※クリックで拡大

 3社は航空フォワーディング業務をデジタル化することで、国際物流業務をより効率化し、誰もが航空貨物を利用して輸出入を手軽に行える環境の確立を目指す。

 Shippioの佐藤孝徳代表取締役は「物流量の増加や労働人口減少を背景とした物流×テクノロジーによる効率化が加速することが予測される中、確かな実績とオペレーションを持つANAグループと最新のロジスティクステクノロジーを提供する弊社の3社間の取り組みがより良い日本および世界の国際物流の一助になるようチーム一同尽力する所存」とコメントしている。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事