画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

シナモン、食品業界向けにフォーマット異なる発注書専用の自動読み取りAI-OCR販売開始

シナモン、食品業界向けにフォーマット異なる発注書専用の自動読み取りAI-OCR販売開始

データ入力業務を大幅に効率化、物流事業者にも利用働き掛け

AIを活用した各種ソリューションを手掛けるスタートアップのシナモンは9月12日、新たに「Flax Scanner for 食品発注書」の販売を同日開始したと発表した。

食品業界でやりとりされている発注書の読み取り専用に開発したAI-OCR(光学式読み取り)。フォーマットが統一されていない、非定型の発注書を事前定義なしで読み取ることができるのが特徴。

「Flax Scanner for 食品発注書」は受発注業務を効率化し、食品業界で働く人の生産性向上に貢献するのが狙い。読み取りデータは顧客の基幹システムへ連携させられるほか、マスターデータベースを活用して読み取り結果を補正し、精度をさらに向上させることも可能。

読み取り項目は「発注元名称」「発注元電話番号」「発注元Fax番号」「届け先名称」「届け先電話番号」「届け先ファクス」「届け先住所」「製品コード」「製品名」「数量」「注文番号」「納期」のほか、顧客の要望に合わせた抽出にも対応する。メーカーのほか、物流業界などにも利用を働き掛けたい考えだ。


運用フローのイメージ


GUI(グラフィカルユーザインターフェース)を組み合わせた場合の画面イメージ(いずれもシナモン提供)

現在食品業界は受発注業務でEDI(電子データ交換)システムの利用が進んでいる一方、EDIシステムが使用できない取引先との発注業務や急ぎの発注業務、EDI登録されていない商品の発注業務には依然ファクスやPDF送付の発注書が多く使われている。

一般的に、こうした発注書のフォーマットは取引先ごとに大きく異なり、統一されていない。見た目がばらばらな発注書は読み取り業務に多大な労力を要するため、受発注業務の生産性を低下させる大きな要因の1つだった。また、多くのOCRサービスは非定型帳票を読み取る場合、帳票の事前定義が必要なため、使いこなすのが難しかった。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事