画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

商船三井とさんふらわあ、船舶の「離着岸支援システム」製品化へトライアルユース実施

商船三井とさんふらわあ、船舶の「離着岸支援システム」製品化へトライアルユース実施

安全性と作業効率向上狙い、システム画面構成の見やすさを検証

商船三井とフェリーさんふらわあは9月16日、フェリーさんふらわあが保有・運航する大型カーフェリー「さんふらわあごーるど」(航路:神戸~大分間)で、古野電気が開発中の「離着岸支援システム」のトライアルユースを2023年3月までの半年間行うと発表した。

「離着岸支援システム」はLiDAR(ライダー)・サテライトコンパスで得た情報から岸壁と船体の正確な距離・角度を計測し、結果を複数画面で視覚表示する、離着桟支援装置。これまで乗組員が経験に基づいて目視で行っていた離着岸作業の安全性と効率を向上させるのが狙い。

トライアルユースでは、システム画面構成の見やすさ(乗組員がシステム画面を見て、表示された計測結果を容易に理解できるかどうか)など使い勝手を検証する予定。船長をはじめとする乗組員の声を聞き、乗組員の視点に立った安全性も加味したシステム開発・製品化を目指す。

<さんふらわあごーるど>
トライアル期間:2022年9月~2023年3月
トライアル船:さんふらわあごーるど(神戸~大分間)
総トン数:11,178トン / 全長:165.5m / 全幅:27.0m
旅客定員:716名 /車両搭載数:トラック147台・乗用車75台

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事