画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

旭化成とセンコーグループ、 常温車両で高機能密閉保冷ボックス使った混載生鮮品物流開始

旭化成とセンコーグループ、 常温車両で高機能密閉保冷ボックス使った混載生鮮品物流開始

まず九州~関東間の青果物に照準、医療・医薬品にも対応目指す

旭化成とセンコーグループホールディングス(GHD)は10月7日、旭化成が開発したFresh Logi密閉ボックスによるクラウド型生鮮品物流の技術「Fresh Logiシステム」を利用した冷蔵品の混載輸送サービスの提供を開始すると発表した。

Fresh Logiボックスは、断熱性と気密性が高く、あらかじめ冷やされた商品を長時間低温で保持したまま運べるのが特徴。蓄冷材を併用することで、さらなる低温保持時間の延長も可能。使用後に折り畳んで返送できるため、返送時に荷台の場所を取らず、効率的に返送を済ませられるという。

現在、野菜や果物をはじめ、温度管理を必要とする商品の輸送現場では、輸送中の鮮度保持や、冷蔵車両の手配・確保をする必要があり、トラックやドライバーの不足など様々な課題を抱えている。Fresh Logiボックスを活用することで、常温車両での配送が可能となり、課題解決につながるとみている。

Fresh Logiボックスは2021年12月からアップクオリティの提供するサービス「産地直送あいのり便」に採用されており、センコーグループは、同サービス上で常温軽車両を用い、飲食店やスーパーなどの顧客へのラストワンマイル輸送を担ってきた。

Fresh Logiシステムを利用した冷蔵品の混載輸送サービスの取り組みを発展させるため、内容を拡充することにした。

旭化成とセンコーグループはまず、九州~関東間の青果物をターゲットとした常温車両での鮮度保持輸送サービスをスタート。今後はサービスエリアの拡大や、医療・医薬品など温度管理が必要なさまざまな配送ニーズに対応することを目指す。

さらに、センコーグループの配送ネットワーク(域内配送ネットワーク、「物流バス」による幹線輸送、JRコンテナ輸送、貨客混載サービスなど)にFresh Logiシステムを採用し、常温車両への冷蔵品混載で積載効率を高めて輸送の効率化を進め、トラックドライバー不足や温室効果ガス排出削減にも対応していく構え。


Fresh Logiシステムによる輸送イメージ(プレスリリースより引用)

■ポイント
・常温便一般車両で、冷蔵品の混載輸送が可能(積載・輸送効率アップ)
・輸送時の冷蔵エネルギーが不要で温室効果ガス排出量を削減
・密閉ボックスによる輸送のため、匂いうつりを防止
・折り畳み可能なため、効率良く返送可能

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事