日通、IoT活用し輸送状況を見える化へ

日通、IoT活用し輸送状況を見える化へ

インテルやハネウェルと連携、医薬品や精密機械など向け

 日本通運は2月25日、インテルや日本ハネウェルと連携し、IoT(モノのインターネット)を活用した輸送状況の見える化サービス「グローバル・カーゴ・ウォッチャー・アドバンス」の提供を同日始めたと発表した。

 医薬品や精密機械など、より丁寧な取り扱いが求められる荷物を対象とし、センサータグが温度や湿度、衝撃や傾きの度合いなどをリアルタイムで計測。トラックや倉庫の中に設置した専用機器を通じてクラウド上に送った位置情報などを顧客自身が迅速に確認できるのが強み。

 3社は蓄積したビッグデータを生かし、サービスの機能強化を図っていきたい考えだ。

(藤原秀行)

 

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事