ただいまβ版を配信中 LOGI-BIZ online

東芝テックが物流センター向けRFIDパッケージシステム発売

東芝テックが物流センター向けRFIDパッケージシステム発売

高い親和性で開発から導入までの時間・費用を削減

東芝テックは2月25日、物流センターの入出荷業務に対応したRFIDパッケージシステム「RFLogispert(アールエフロジスパート)」を同日発売したと発表した。

サーバーとハンディースキャナーを操作する端末アプリをワンセットとし、 既存物流システムとの高い親和性により開発から導入までの時間と費用を削減。さらに容易な操作性で業務のRFID化・標準化をスムーズに実現できるのが特徴だ。

国内の物流、小売りなどの現場では人手不足によりRFIDを活用した業務の効率化が求められている一方、システムの多くはバーコードを前提としているため導入は進んでいない。

同社ではサプライチェーン全体でRFID活用を推進していく中で培った知見を生かして今製品を開発した。RFIDタグを一括で読み取り入出荷業務を効率化する自動搬送型RFIDトンネル式ゲート、店舗向けRFIDパッケージシステム「RFMeister」など多様な機器との連携が可能で、物流から小売りに至る一貫したRFIDシステムによる効率化を図る。

今後は棚卸し・ピッキング・探索の各機能を段階的に搭載する予定。RFIDのハードウエアおよびソフトウエア、システムに最適なRFIDタグの提供を通じたサプライチェーン全体でのワンストップソリューションを目指していく考え。

(鳥羽俊一)


東芝テックプレスリリースより※クリックで拡大

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事