SBS東芝ロジ、搬送効率向上可能な独自の牽引台車開発

SBS東芝ロジ、搬送効率向上可能な独自の牽引台車開発

AGVと連結し作業時間削減

SBSホールディングス傘下のSBS東芝ロジスティクスは2月16日、無人搬送ロボット(AGV)でパレット2枚を牽引できるようにする独自の牽引台車を開発したと発表した。1月26日に家電物流倉庫の関西支店で運用を開始した。

SBS東芝ロジは2017年、働き方改革の一環として、現場にとって最適な牽引台車・安全ツールを独自に開発、現在5台を倉庫で運用している。

今回導入したAGVはパレット2枚同時搬送に加え、多段台車とパレットを組み合わせた搬送に対応。牽引台車前後にAGV連結方向を切替えるスイッチングバック走行で、発着地点の旋回スペース削減を実現した。

併せて、安全ツールで走行時のパレット転倒防止対策を施し、庫内事故防止にも努めている。

これまでフォークリフトで対応していた作業の一部分を「AGV+牽引台車」へ代替することで、フォークリフトの長距離移動を大幅に減らし、搬送効率向上と労働時間削減につなげられたという。


(プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事