画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

住友ゴム、夢の低燃費タイヤ開発につながるバイオポリマーの合成に成功

住友ゴム、夢の低燃費タイヤ開発につながるバイオポリマーの合成に成功

2040年代に実現目指す

住友ゴム工業は10月13日、東北大学・高橋征司准教授、金沢大学・山下哲准教授、埼玉大学・戸澤譲教授らと共同で、夢の低燃費タイヤの開発につながるバイオポリマー(高分子化合物)の合成に成功したと発表した。

今回の研究グループは、独自に開発した改変トマト由来酵素を触媒に採用し、ポリマーの先頭モノマーを選択できることを発見。その経験を踏まえ、合成したバイオポリマーにはタイヤ性能向上に有効な先頭モノマーを使用している。

今後研究を進めることで2040年代を目標に、さらなる低燃費タイヤを開発し、持続可能な社会の発展に貢献したい考え。

研究グループはこれまで、鎖長に影響を及ぼす天然ゴム合成素の重要部位を特定し、その重要部位をトマト由来酵素に組み込んだ改変トマト由来酵素を用いて、自然界には存在しないバイオポリマーの合成に成功してきた。

このたび、改変トマト由来酵素の研究を進めたことで、同酵素が用いる先頭モノマーの選択性が弱くなり、本来の先頭モノマー以外のモノマーでも合成可能であることを明らかにした。この特性を利用することで、先頭モノマーを選択した全く新しいバイオポリマーを合成できたという。

(藤原秀行)※写真はプレスリリースより引用

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事