UPS、医薬用製品など緊急貨物向けの新輸送サービス提供開始

UPS、医薬用製品など緊急貨物向けの新輸送サービス提供開始

ラベルに最先端メッシュセンサー使用、ほぼリアルタイムのモニタリング可能に

UPSジャパンは4月13日、高いレベルの貨物追跡機能に加えて、優先取り扱いとリカバリー機能を備えた、スピードと厳しい温度管理が必要な医療用製品などの配送に最適な特別のサービス「UPSプレミア(UPS Premier)」の提供を開始したと発表した。

2020年12月以降、同サービスは新型コロナワクチンの輸送にも使われ、世界110カ国以上に10億回分超のワクチンを配送、定時配送率99.9%を実現しているという。

同サービスは貨物ラベルに自社開発の最先端メッシュセンサーを使用。スピーディな輸送、貨物の優先取り扱い、ほぼリアルタイムのモニタリングが可能となり、UPSのネットワーク内では誤差3m以内で貨物の位置情報を取得、確認できる。

さらに、イレギュラーな事態が発生した際には迅速な対応を取る。対応が必要となった場合の具体的な指示は顧客側で設定するため、同日中の再配達も可能。特定の貨物要件に応じて、常温から冷凍まで温度を管理した配送を準備する。


(UPSジャパン提供)

同サービスの貨物は、貨物要件を熟知したスタッフによって24時間365日体制で輸送状況をモニタリング。貨物が輸送中も要件に適合した状態を保ち、損傷や紛失を防ぎ、再発送に伴うコストも低減できるようにする。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事