【動画】日本GLP、埼玉・新座でBTS型物流施設が完成

【動画】日本GLP、埼玉・新座でBTS型物流施設が完成

延べ床面積3万109平方メートル、第一倉庫冷蔵が定温保管中心に活用

日本GLPは4月3日、埼玉県新座市で完成したBTS型物流施設「GLP新座」をメディアに公開した。

地上4階建て、延べ床面積3万109平方メートル。都心部から約25キロメートル、関越道の所沢ICから約1・5キロメートルで、外環道も利用できるなど地の利が特徴だ。


「GLP新座」の外観(日本GLP提供)

第一倉庫冷蔵(さいたま市)が埼玉県南部を軸に冷凍・冷蔵や定温・常温倉庫を配置、運用する首都圏ドミナント(集中)戦略の中核的施設として運営。複数の食品メーカー向けに菓子や加工食品などの共同配送拠点に用いる予定。2万5000パレット程度を扱う見込みという。今年6月の稼働を目指す。

計28台分の両面バースを設置したほか、フォークリフトが海上貨物コンテナを安全に荷降ろしできるよう水平に上下動するテーブルリフターを活用。第一倉庫冷蔵の要望を積極的に反映させている。


天井高6・5メートルの3階

庫内にトイレを配置

移動ラック用のレールを設置



「GLP新座」内で記者会見した日本GLPの帖佐義之社長は「新座は市街化調整区域が非常に多く、物流施設を開発できる用地がなかなか出てこない場所だったが、立地の利便性など物流適地としての条件はほぼそろっており、事業機会をうかがってきた。今回初めて進出することができた」と説明。同市での新たな事業展開に含みを持たせた。

第一倉庫冷蔵の有田治男会長は「当社を利用いただいている既存ユーザーは関越道を使って甲信越や北関東などと行き来しているところも多い。そういう意味合いから考えても非常に道路のアクセスが良い」と高く評価した。


記者会見に臨む帖佐氏(右)と有田氏

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

GLPカテゴリの最新記事