オリックス、自社物流施設のテナント向けロボット無償レンタルを拡充

オリックス、自社物流施設のテナント向けロボット無償レンタルを拡充

HIKVISIONとZMP追加、9メーカー・10機種に

オリックスと産業用ロボットなどのレンタル大手オリックス・レンテックは4月12日、オリックスが開発する物流施設のテナント企業向けに、物流ロボットを6カ月間無償でレンタルするサービスに関し、ラインアップを拡充すると発表した。

新たに、HIKVISION製の自動搬送ロボット「Latent Mobile Robot(レイテント・モバイル・ロボット)」と、ZMP製の台車型物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ) AD」を追加。これで取り扱いは9メーカーの10機種になった。

サービスの提供対象は現状で首都圏と大阪の計5施設(完成予定を含む)。


ラインアップに追加した「Latent Mobile Robot」(左)と「CarriRo AD」(オリックス提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

オリックスカテゴリの最新記事