画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

物流施設/不動産

2/180ページ

クレド・アセットマネジメント、埼玉・加須でスワップボディ・コンテナなどに対応した自社初のマルチ型物流施設着工

5万㎡、24年2月竣工予定 不動産アセットマネジメントを担うクレド・アセットマネジメントは11月28日、埼玉県加須市で、自社開発案件としては初めてのマルチテナント型物流施設「CREDO(クレド)加須」 […]

プロロジス、千葉・八千代市と災害時の物流施設使用で協定締結

物資集積場所や車中泊避難場所として提供 プロロジスは11月24日、千葉県八千代市と「災害時等における施設利用の協力に関する協定」を締結したと発表した。 11月22日に八千代市役所で締結式を執り行った。 […]

イケア・ジャパン、千葉・船橋の大型店舗「IKEA Tokyo-Bay」倉庫を国内で初めて自動化

従来比で作業効率8倍を見込む イケアの日本法人イケア・ジャパンは11月24日、千葉県船橋市の「IKEA Tokyo-Bay」の倉庫を、国内のイケア店舗で初めてオートメーション化すると発表した。 イケア […]

Jリートのラサール、三菱商事系のダイヤモンド・リアルティが進める千葉・松戸の物流施設開発プロジェクトに間接投資

SPCの優先出資証券を4億円で取得へ Jリートのラサールロジポート投資法人の資産運用を担うラサールREITアドバイザーズは11月22日、千葉県松戸市で進められている物流施設「(仮称)松戸松飛台計画」の […]

大和ハウス・芳井社長、物流施設開発は資材高騰でも「準備できている」と自信

23年度着工分もほぼ確保、大きなブレーキにはならずと見解 大和ハウス工業の芳井敬一社長は11月14日、東京本社で開催した2022年9月中間決算のメディア向け説明会で、建設資材の高騰が物流施設開発に及ぼ […]

大和ハウス、マルチテナント型物流施設にテナント従業員送迎用EVバスを導入

埼玉・坂戸の3物件、東京センチュリーなどと連携 大和ハウス工業は11月15日、東京センチュリー、日本カーソリューションズの両社と組み、大和ハウスが埼玉県坂戸市で開発し東京センチュリーが所有するマルチテ […]

JリートのSOSiLA、スポンサーの住商開発物流施設2件の準共有持ち分を179.71億円で取得へ

兵庫・尼崎と埼玉・八潮、いずれもテナントが1棟借り中 JリートのSOSiLA物流リート投資法人の資産運用を担う住商リアルティ・マネジメントは11月14日、新たに物件供給スポンサーの住友商事が開発した物 […]

1 2 180